So-net無料ブログ作成

楽天

理研 笹井芳樹の家族は?

理研 笹井芳樹家族は?



理研笹井芳樹さんが突然死去されたというニュースで

メディアは騒然としていますね。



この笹井芳樹さんの第一報を聞いた家族もまた、

心を痛めていると思います。

<スポンサーリンク>





再生医療の分野から、日本の成長戦略にまで大きく影響するような

とても優秀な方だったので、しばらくはこのニュースが続きそうですね。



笹井芳樹さんのご家族は今頃どんな気持ちで

過ごされているのでしょう。。



▼笹井芳樹さんの家族は?



笹井芳樹さんのプライベートな情報は

あまりネット上にはありませんでした。


なので、当然ご家族の情報なども皆無でした。



NHKで放送されたSTAP細胞と論文問題の時に、

小保方さんとの不適切な関係と言われていたので、

笹井さんが結婚されているというのは分かりましたが。



どうやら、笹井芳樹さんのご家族は、

神戸に住んでいるようです。



奥様がいらっしゃるのは分かったんですが、

子供がいるのかどうかまでは分かりませんでした。



理研の方からも、あまり笹井芳樹さんの情報が漏れないように

管理されているのかもしれませんね。



家族の情報が出回ってしまうと、取材など迷惑行為が

発生する可能性も高いですし、

家族のどんな発言で揚げ足取られるかも分からないですしね。



特に、STAP細胞の1件からは、情報戦だったと思うので、

厳しく個人情報を管理していたのでしょう。



今回、STAP細胞の件があったからなのか、

どうやら奥様は現在は神戸の家に住んでおられないようです。

これも、マスコミ対策などを兼ねての事かもしれませんね。



それにしても、ノーベル賞候補とも言われていた笹井芳樹さんが

突然自殺してしまうなんて・・・本当にびっくりしました。



偉大な能力を持った人もやはり人間。

悩みが大きくなれば、人格も判断力もどんどん歪んでしまうのでしょう。



笹井芳樹さんが亡くなってしまったのは、

現代の事情を踏まえても悔やまれますが、

能力ある人が自ら命を断ってしまうような、

社会システムが悔やまれます。



これからも、もしかしたら才能ある人が、

追い込まれていく場面があるかもしれません。



今回の場合は、詳細は良くわからないですが、

権力に負けて死を選ぶなんてドラマは結構たくさんあります。

もしかしたら、自殺のように見えただけとか、

追い込まれていたなんて可能性も・・・と考えてしまいます。



ドラマはフィクションですが、

そのフィクションと同じ経験をしてる人もそれなりにいると思っていますので。



人間の想像力なんて、経験出来る事しか想像出来ないと思うんです。

(今すぐには実現できなくても遠い未来なら出来ると思うんですよね。)



今回、残された家族も、今頃大変悔しい思いをしていると思います。

3月頃から精神的に体調を崩されていたようですし、

もっと何か出来る事はなかったのかと・・・。



こういう悲しい出来事からも、

何かを学び未来を改善していきたいですね。



<スポンサーリンク>

小保方晴子と笹井芳樹の不適切な関係!

小保方晴子笹井芳樹不適切な関係!



笹井芳樹さんが自殺をしたというニュースをみてから

いろいろ調べてたんですが、

小保方晴子 笹井芳樹 不適切」というワードが出てきたので、

何かな?と思ってさらに調べてみました。

そしたら・・・。

<スポンサーリンク>





小保方晴子さんと笹井芳樹さんが不倫してるかのような

報道があったんだとか。

しかも、NHKらしいですね。



詳細は2014年7月27日にSTAP細胞と論文問題をテーマに放送された

NHKスペシャルらしいのですが、その番組の中で

小保方さんと笹井さんのメールでのやりとりが取り上げられたんだとか。



個人のメールのやりとりだとしたら、いったい出処はどこなんだ?

って話しなんですけど、問題はその演出方法にありました。



NHKがどういう風に演出したかと言えば、

男女のナレーターが親密そうに音読しながら紹介したそうです。



一般的に商品のセールスなどではイメージ戦略もあるので

こういう事をしても良いとは思います。

CMに芸能人を使うのだってそうですよね。



ですが、

特定の個人の場合はどうなのでしょうか?




報道には必ず先入観が入ります。

どんなに注意しても、取材者とナレーターの先入観は

視聴者に伝わるものなのです。



NHKの方針としては、

「出来る限り真実を公平な立場で報道をする。」

と思っていました。



それは、公共の放送であり、CMなどしないで

万人から視聴料を取るというスタイルだから出来る事です。



しかし、上記のような演出は”全然公平ではない”と思います。

もはや、お金を払う価値がないものと、自分で言っているようなものなのですが、

NHKさんは気づいてやっているんでしょうか?

それとも、別の意図があるのでしょうか?



そういう演出をしたいのなら、民法になったらどうですか?

と提案したくなりますが。



それに、国策で国民にあまり知られたくない法案が可決されそうな時には、

こっそり放送するのもやめて欲しいですよね。


公平に放送する気がないのに、

なぜ公平を謳っているのかは、意味が分かりません。笑



ちなみに、NHKを批判してるわけではありません。

CMなくニュースが見れるのはとても良いと思います。

(ニュースに偏りがなければなお良いです。)


あくまで個人の意見ですので、出来ることならNHKさんの

主張や方針を聞いてみたいと思っているくらいです。


みんなが見たいからお金を払いたいって

思わせれるようになったらいいなって思っています。



さて、話しを戻して、

小保方晴子さんと笹井芳樹さんの不適切な関係なんですが、

これはNHKさんの不適切な演出から派生したものと思われます。苦笑



放送を担ってるなら、番組を見た人がどう思ってどう感じるかまで

しっかり考えて放送して欲しいですね。

それとも、小保方さんと笹井さんが不適切な関係だから

問題だって思わせたかったんでしょうか?


この主張だと、NHKさんの放送が不適切になってしまうんですが・・・。汗



それに、最初の方でちょっとだけ触れましたけど、

どうやって個人のメールを取得したのか?

個人のメールを放送して良いと許可は取ったのか?

(まぁ、当然取れるわけないので無理やり良い事にしたのでしょうけれど)

この考えに至った国民がNHKに対してどういう印象を持つかまで

考えてるのか不思議です。

どう考えても悪印象と不信感しか残らないので。



それに、小保方さんと笹井さんのメールのやりとりと言っても、

研究に関する部分を取り上げる事も出来たはずです。

本来なら、論文不正問題がテーマなら

研究に関するメールを取り上げるべきです。



それを小保方さんと笹井さんの不適切な関係って・・・

「お前はフライデーか!?」ってツッコミ入れたくなりました。笑



個人的な意見を言うと、別に小保方さんと笹井さんがどんな関係だっていいじゃないですか?

論文と男女関係は分けて考えるべきであって、2人が知らない所で結ばれていたって

STAP細胞には何も影響がないんですから。笑


それで、STAP細胞に悪い変化とか出てきたら大問題ですし、

不適切な関係は止めるべきだなと思いますけど。


論文と男女関係をごちゃまぜにするから、

おかしな推論が混ざってきて本質が見えなくなります。

今回のNHK特集に関しては、まずかったと思うのは

私だけではないと思いたいですね。



<スポンサーリンク>

笹井芳樹の遺書・・・。

笹井芳樹遺書・・・。



笹井芳樹さんが自殺をしたというニュースが流れました。

そして今朝、笹井芳樹さんが遺書を3通残していた事が分かりました。



この遺書の中に、小保方晴子さん宛に書かれた遺書がありました。



ニュースを見た時に、

「この遺書を書いてる時、どんな気持ちだったんだろうなぁ・・。」

とちょっと想像してしまったら、なんだかとても悲しくなりました。

<スポンサーリンク>





遺書の内容と今までの言動を総合すると、

笹井芳樹さんは、「最後までSTAP細胞が存在する」と信じていたようです。

そして、小保方晴子さんの事も信じていて、

最後まで庇いたかった気持ちが溢れています。



ただ、STAP細胞を発表し3月の論文不正問題の時から、

笹井さん自身、過剰なストレスにより精神障害が起こっていたようです。



3月の時点で、竹市雅俊センター長に、福センター長を辞職を申し出ています。

ですが、この時は辞めさせてもらえなかったようです。

そして、3月は精神的な部分から体調を崩し、1ヶ月間の入院という運びになりました。



入院により多少回復した笹井芳樹さんでしたが、

4月には理研の調査委員会で、論文の不正を認定しました。

笹井芳樹さんは、その時も

STAP細胞は最有力仮説だ」と強調していたようです。



その後も、論文にはいろいろな疑惑が浮上し、6月頃には

「笹井氏の責任は重大だ」

と、話しがどんどん大きくなっていきます。



なんですか、このヤジは・・・。

この時期テレビを付けると不愉快になるのでしばらく見なかったですけど。

笹井芳樹さんの研究は、世界の医療発展のためのもの。

ヤジは世界に何も貢献しないのです。苦笑



当然、笹井芳樹さんの日常にも大きく影響し、事情聴取などもされていたかもしれません。

もし、事情聴取が行われていたとしたら、誘導尋問みたいな事になっていた可能性もあると思います。

笹井芳樹さんは、こんな事を漏らしていたそうです。

「自分の研究室がなくなるかもしれない・・・」と。

この一言から、何かしらの圧力か脅しのようなものがあったのが読み取れます。



研究者にとっては、これは致命的であり、

「俺の人生が終わったな・・・」

という絶望感に近い感覚が来るのは想像出来ます。



そんな中でも、まだ小保方晴子さんを気遣っていたのです。

自分の育てた優秀な研究員を、この状況のまま放ってはおけなかったのでしょう。

もし小保方さんがいなかったら、もっと早く自殺してしまっていたかもしれません。



今回、小保方さんに遺書を残しているのは、そんな特別な思いがあるからではないか?

と思うのです。



小保方晴子さんは、さんざん周りから責められていました。

なので、笹井芳樹さんの遺志をついでSTAP細胞を証明して欲しいというのは言ってはいけない事だと思います。

ですが、完成させて欲しいなぁと思う気持ちはあります。

それが、何より笹井芳樹さんに応える事だと思うから。



STAP細胞を不正不正と言っていますが、本当にデタラメで、

カケラも可能性がなかったとしたら、そもそも発表なんて出来るのでしょうか?

そんな現場だったら、そっちの方がヤバイと思うし、発表のシステムを見なおした方が良いとすら思います。

ですが、さすがにそこまでどうしようもないシステムだとは思えないので、

小保方さんの主張と可能性を信じたくなりました。



こういう問題が起こった時に、誰かに責任を押し付けるのは簡単です。

でも、これはサクラと同じ心理が働いてるとしか思えません。

普通は1つの主張があれば、反対の主張も一定数以上あるものです。



自分の身を守りたいのか、マスコミが大衆を扇動したいのか、

はたまた視聴率を取りたくてやった演出なのか分かりませんが、

とても不愉快な報道が延々と続いてました。



これは、小学生の虐めと似た構図になっている事と、

自分たちの言動が人を自殺に追い込んだという事をきちんと認識してやっているのか・・・。



万が一、STAP細胞が存在しなかったとしても、それは

「理論では再現出来たけど、実際には再現出来なかった」

という事なんだと思います。

だとしたら、研究とはそうあるべきものだと思うんですよね。



空想から始まってロジック展開して、実験と検証を繰り返す。

そして、実際に正しいかどうかが分かる。

その実験に入るために論文を提出したのなら、

そこらの犯罪者とはワケが違うのです。


そもそも、世界をもっと良くする活動なのですから!


なんだか、遺書の記事を読んでて、悲しくなってきたので、

ニュースというより本音をポロポロ書いてしまいました。



笹井芳樹さんには心よりご冥福をお祈り申し上げますと共に、

世界の為に今まで頑張ってくれた事に感謝致します。



<スポンサーリンク>

小保方晴子と笹井芳樹の関係!山中はライバル?

小保方晴子笹井芳樹の関係!山中はライバル?



8月5日に笹井芳樹さんが自殺をしたというニュースがありました。


中山芳樹.jpg


笹井芳樹さんと言えば、一部では山中伸弥さんとライバル関係にあるとか、

小保方晴子さんの上司だけではなく、もっと親密な関係にあるなど、

ちょっとゴシックめいた噂もあります。



でも、なぜ笹井芳樹さんは自殺をしてしまったのか?

これが、非常に気になるところです。



現在の情報では、直接の原因の発表はまだですが、

どうやら、STAP細胞で叩かれ始めたあたりから

笹井芳樹さんは精神的ストレスで病んでいたようです。

<スポンサーリンク>





笹井芳樹さんは、理化学研究所で福センター長を努めていましたが、

3月の時点で辞退したい旨をセンター長の竹市雅俊さんに申請しています。

ですが、この要望は却下されていました。



同月、笹井芳樹さんは精神的なストレスから心療内科を受診したのち、

一ヶ月の休養を取るとともに、入院していたらしいのです。



STAP細胞の件では、世間的に収集がつかなくなってしまってましたし、

そのため小保方晴子さんが記者会見で何度もメディアに登場しました。

その、小保方晴子さんの上司にあたる笹井芳樹さんが責任を追求されるのは、

立場上仕方のない事だと思います。



ですが、自殺にまで追い込んでしまうとなると、

これはまた話が変わってくるのではないでしょうか?



仮にも、笹井芳樹さんは日本の再生医療分野でトップなのです。

阿部さんの日本の成長戦略にも大きく影響を及ぼす可能性のある人物だったのです。


理研は、笹井芳樹さんを守る必要があるはずなのに、

内部からも彼を責め立ててしまったのでしょうか?



このニュースは今後、大きく取り上げられていく事と思いますし、

私自身非常に興味があるのでブログを立ち上げてみました。



笹井芳樹さんは、最後に遺書を3通残しています。

そのうちの1つは、小保方晴子さん宛です。


内容を簡単に書くと、

「STAP細胞の研究を続けて、完成させて欲しい」という事と

「自分は逃げてしまって申し訳ない」という内容。


非常に心が痛みます。



笹井芳樹さんが、理化学研究所で福センター長を務めているのは、

もちろん彼が非常に優秀だからです。



ES細胞から立体的な網膜を生成する事に成功したり、

脳下垂体の立体的な形成にも成功しました。

これにより、2012年ころには、大変評価をされ、大きな賞も受賞しています。

また、論文の執筆能力が非常に高いとの評判もあります。



日本の再生医療分野にとっては、必要不可欠な人物だったわけです。

今後、理研がどう評価されていくのか?

また、日本の成長戦略がどう影響を受けていくのか?

非常に波紋を呼ぶ話題になるのは確かでしょう。



<スポンサーリンク>

Copyright © 笹井芳樹ニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。